HOME  >  データ作成・入稿の注意点 > アイロンプリントマーク(白フチタイプ)

アイロンプリントマーク(白フチタイプ)

データ入稿形式:Illustrator(.ai)
イラストレーター CS5

★白フチタイプ(中抜きなしタイプ)をご注文の場合は、Illusutratorのデータでお送りください。
文字(テキスト)はアウトラインを取ってください。Photoshop形式のデータでは作れません。
こまかい図柄がたくさんあるデータの場合は中抜きがなくても白フチタイプでお作りする事が
できませんので抜けるタイプをご注文ください。

お送りいただくデータは45cm幅に配置した状態でも、マーク1個だけのデータでOKです。
マーク1個だけお送りいただいた場合はこちらで配置いたしますので、データ入稿時のコメント欄にいくつマークが必要かご記載ください。
必要枚数のマークを弊社で並べたときにご注文時の必要mm数が足りない場合は、ご連絡いたします。
その場合はご請求額が変わりますのでご了承ください。 マークとマークの間は1cm程度間隔を空けて配置します。

●カラーモードはCMYKで作成してください。
●線の太さが2mm以下の場合はプリントする事ができません。プリントする事ができてもアイロンで生地にくっつける事が難しいです。
●入稿の場合は必ずアウトラインをとってください。 (文字を選択し → 「文字」メニュー → 「アウトライン」選択)

データを作る際には、印刷レイヤーとカットレイヤーの2つを作ってください。
入稿データ

レイヤーパレット拡大図↓
カットのレイヤーは線のみにしてください。塗りは使わないでください。
白の塗りも入れないでください。
カットレイヤーはパスの状態そのまま刃が入りますので、重なっていたり交差していたりすると
2度刃が入って境界が汚くなったりするのでご注意ください。
フチの幅が細いと印刷とカットのズレで印刷が切れてしまう場合があります。最低2mm程度のフチを付けてください。


生地にプリントするとこんな感じになります

白フチタイプは大型の機械で印刷とカットを同時に行いますが、どうしても若干のズレが生じてしまいます。
塗り足しがないとマークの端に白い部分が出てしまいます。

リンク画像があるデータの場合はカットのラインを必ずパスで作ってください。リンク画像のみのデータ
ではカットする事ができません。カットのパスのアンカーポイントが多すぎるデータはカットできない
場合がありますのでご注意ください。

下記のような、細かいイラストが沢山入っているデータは白フチタイプには向きません。
抜けるタイプをおすすめします。
お名前

アイロンプリントマーク 白フチタイプ

白フチタイプ
白フチタイプはシールの様に剥がして使います。このように剥がした時にバラバラになるデザインは
別売りのリタックシートで受ける必要があるので、あまりおすすめではありません。

白フチタイプは貼る生地によって、適切なシートの種類が変わります。
白フチタイプのシートの種類について
データ作成の注意点アイロンプリントマーク(白フチタイプ) データ作成の注意点 ラバーシートカッティング データ作成の注意点昇華プリント印刷 データ作成の注意点 トナー転写紙印刷

PAGE TOP